留学で人生を変える

Ryugaku Connect

テキサス州

おすすめテキサス州の格安4年制大学のリスト

 

University of Texas at Austin

まず初めに一番レベルの高いところから紹介していきます。UT Austinは世界ランキングで30位*US NEWS World University Ranking で検索すれば詳細がわかります。ちなみに東京大学は31位なので、東大の1つ上を行く大学に僕はTyler Junior College から入学することができました。僕が申し込んだ学部はコンピューターサイエンスでUS NEWSによると全米で9位。なんとコンピューターサイエンスに関してはハーバード大学の上に位置します。(ちなみにハーバードは18位と以外に低い)。テキサス州内においてはTexas A&M University やRice University を超えてトップの大学となっています。ここでなぜ僕が入学にまでこぎつけたかについて少し解析していきます。まず、僕の知り合いでアメリカ人が3人UT AUSTINに受けっていきましたが、彼らは皆Tyler Junior College のHonors Programに所属していました。UT Austinはある制度を設けており、というのもアメリカのテキサス州内の高校で成績がトップ10の場合、自動的にAustinに編入できるというものです。ただ、Austinに入れはするが自分の行きたい学部に入れるかというのはまた別の話です。さて、留学生に関してですが、ちょっと僕の方で比較できる対象が少なかったので、本当にそうなのかどうかは定かではありませんが、僕と同世代でもう1人韓国人の留学生がUT Austinに申し込んでいます。彼の専攻は工学部と僕の学部とは違うので合格基準が少し違うとは思うのですが、彼は合格できませんでした。彼と僕の違いはHonors Programに所属していたかどうかです。僕とその韓国人留学生両方ともGPA4で課外活動に積極的に取り組み、Phi Theta Kappaにも所属していました。こうなってくると本当に違いがでたのはHonors Programに所属できていたかどうかです。(Honors Programというのは、別の記事で詳しく解説してありますが、コミカレで成績優秀な人が集められ少人数で授業を受けるという、コミカレの中でも1つランクが上の組織です。以外とみんなこれについては知らないようです。僕のコミカレでも20人くらいの留学生がいましたが、僕だけがHonors Programに所属していました。)また、僕はHonors Programのディレクターに推薦状(大学申し込み時に1-3つの推薦状がいる)を書いてもらっていたので、もしかするとそれが大きく左右したのかもわかりません。ただ改めてHonors Programの大切さがこのUT Austin合格から伝わってきました。

Texas A&M College Station

Texas A&M University College Station は世界ランキングで京都大学の2つ下にあたる大学でテキサス州ではUT Austinのライバル校として位置づけられています。まさに東大と京大みたいなものだと思ってもらって大丈夫です。工学部、特に宇宙工学が非常に有名です。この大学にも僕は合格しました。A&Mに関しては比較対象が多いので割と正確な情報が得られると思われます。僕と同期でTyler Junior Collegeから3人のアジア人留学生がA&Mに申し込みました。以下参照

Marie (中国人留学生)不合格

GPA4.0

Phi Theta Kappa, Sigma Alpha Pi

English 専攻

JieHye (韓国人留学生)不合格

GPA4.0

Phi Theta Kappa, Sigma Alpha Pi

Resident Assistant(寮の管理人のポジション)

Business 専攻

スティーブ (韓国人留学生)合格

GPA4.0

Phi Theta Kappa, Sigma Alpha Pi

工学 専攻

僕 (日本人留学生) 合格

GPA 4.0

Phi Theta Kappa, Sigma Alpha Pi

Honors Program Distinction Student (Honorsにも2つコースがありDistinctionは多くのHonorsのクラスを履修する必要があり、もう1つのParticipant はちょっとDistinctionよりも履修すべきクラスが少ない)

Resident Assistant (寮の管理人のポジション)

コンピューターサイエンス 専攻

とまあ、こういったデータが出たわけですが、みなさんはどうみますか?僕自身の見解ですが(年度により合格基準が変わるので確かかわかりませんが)、まず文系科目の生徒はなかなかA&Mに入りずらい。おそらくですが、文系専攻は数学や物理等の少しハイレベルなクラスを履修する必要がないので、比較的にGPA4がアメリカ人でも保ちやすい(コミカレにいるアメリカ人の理数科目のレベルはかなり低い!!たいていアメリカ人はCやBを物理、数学でとる)。なので理数系でGPA4の方がすごいんじゃないか、もしくは単純に文系科目の申込者が多い。スティーブは一度、A&Mを受けており、これが2度目の申込みになります。ほかの留学生曰く、彼はキリスト系の課外活動で海外に行くなどしていたようで、そこがプラスになったと思われる。僕の合格に関しては、Honorsがかなり効いていると思います。もし、中国と落ちた韓国人の留学生がHonorsだったら、僕の予想では二人とも合格していたんじゃないかと思います。

まとめると、GPA4だけでは、A&MやAustinレベルには受からない!Honorsと課外活動を積極的に行いエッセイを魅力的なものにする必要がある。

ちなみにA&Mは格安留学にはもってこいの大学です!というのも、普通アメリカの大学は留学生に対して財政補助(ファイナンシャルエイド)を出さないのですが、A&Mはなんと出してくれるんです!なので親の収入が低い場合等、お金が給付されます(返す必要なし)。さらに編入奨学金やCorps And Codets奨学金(アメリカ軍の模倣みたいなクラブ) これに入るとほぼ確実に州内授業料になります。もちろん毎朝トレーニングの時間等がありますが、それでも学期ごと$16000が$4000になるならやる価値はあると思います。さらにアメフトの試合の際に競技場でマーチング披露などに参加できる。

University of Texas at Arlington

この大学はUT Tylerのちょっと上でUT Dallasのちょっと下あたりの中堅大学です。日本で例えるなら、地元の大学って感じです。石川県なら金沢大学。それでもUT系列(UT Austinをはじめ最初にUTがつく大学は全部1つの大きなUniversity of Texasの傘下)なので学部卒業後、UT Austin等に編入しやすいかも。コンピューターエンジニアリング等が盛んです。ちなみにこの大学に関してはA&Mで述べた留学生全員が受かっています。僕らにとっては滑り止めの1つです。ただ、編入奨学金がGPA3.5以上に必ずでるので、格安留学にはもってこい!!

University of Texas at Tyler

Tyler Junior Collegeにいる人なら、車で5分のかなり地元の大学になります。UT Arlingtonの少し下の大学になりますが、看護学部がかなり盛んでTyler Junior Collegeのほとんどの看護学生が編入していきます。上に述べた僕を含める4人は全員合格プラス以下の留学生も合格しています。

Aldwin (インドネシアの留学生)

GPA3.7

Phi Theta Kappa

Resident Assistant

Business 専攻

Cladius (ジンバブエの留学生)

GPA3.5

Phi Theta Kappa

Resident Assistant

Business 専攻

UT Arkington と同様に3.5以上で必ず編入奨学金が出るので格安留学にはもってこい。

University of Houston

UT Arlingtonとランキング的には同じなのですが、ただヒューストンはアメリカで3番目に大きい都市なので、卒業後かなりの確率で仕事をゲットできそうな環境です。さらにアジア人の割合が非常に多い都市でもあります。UT Tyler Arlington同様、GPAに応じ自動的に編入奨学金が出る。上記でのべた全員が合格。

Baylor University

僕が申し込んだうち、唯一の私立大学です。レベル的にはUT Arlingtonのちょっと上あたり。申し込めば受かるというような大学ですが、学期ごとの授業料が$38000と死んでも払えない額です。ただGPA4だと$20000というビッグな奨学金が出るのですが、それでも$18000となりまだ高いです!全員合格

マサチューセッツ工科大学(MIT)

僕が満たした条件的には申し込んでもいいようなレベルだったのですが、残念ながら不合格でした。とほほ ちなみに申し込む条件は以下

SAT Subject Test

数学2 750以上(800満点)

物理 か 化学 750以上(800満点)

TOEFL 100あたりかそれ以上

異常なまでの課外活動

僕のデータは以下のようです。

SAT Subject Test

数学2 790

物理 750

TOEFL 98

課外活動; Honors Program、Phi Theta Kappa、Sigma Alpha Pi、Resident Assistant、Webによる日本人留学生の補助

ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ

最初に読むべき記事

Featured Video Play Icon
1

執筆者概要 中田 吉信 日本の大学を中退。その後、自費でコミカレに通い、州内授業料(日本の国公立くらいの授業料)で4年制大学に合格。アイビーリーグレベルの大学にも編入合格。卒業後、Amazon Jap ...

2

序章:基本的な格安正規留学の捉え方 セクション1:基本的な格安留学の考え方 正規アメリカ留学の真相 まず、大まかな格安留学の概要や日本国内での誤った留学に対する情報についてここで解説していきます。*上 ...

3

執筆者概要 古田能農 研究室のコネとトビタテ奨学金で、 実費0円一年アメリカ研究留学。   TOEFL 留学前  69点→106点 資金 50万(準備金。後に奨学金の振り込みにより ...

-テキサス州
-, ,

Copyright© Ryugaku Connect , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.