留学で人生を変える

Ryugaku Connect

アイオワ州 コミカレ

経験者が語るアメリカのコミュニティーカレッジ留学での年間費用の詳細!

支出

留学前

パスポート 10年間有効 ¥16,000 or 5年間有効 ¥11,000

*未成年の方は5年間有効のパスポートしか発行できないです。

SEVIS費 $200

これはアメリカの移民データベースへの登録費です。

VISA申請料 $160

TOFLEiBT・英検・TOEIC受験費 $230 or ¥5,000 or ¥5,725

ほとんどの4年制大学ではTOFLEのスコアを求めていますがコミュニティカレッジの多くでは英検2級A、もしくはTOFLEで英語能力を証明することが可能です。

出願料 $20-50

アメリカの大学では出願料に日本ほどの費用はかかりません。

渡航費 ¥100,000-¥200,000

渡航費を削減するためには半年近くから飛行機を予約しておくのが一番安いです。

Google FlightsというサイトもしくはKayak簡単に安く空港券を買うことができるのでおすすめです。

*留学斡旋費 ¥80,000-100,000以上

ここで一つ言いたいのが多くの人の留学において節約することのできる支出は業者の手数料です。多くの業者が20万から100万を請求している中、破格に安い会社を見つけたのですがそれでも8万円かかります。8万円もあればパソコンが買えると判断し、留学手続きは全て自分で行いました。詳しいコミカレへの入学手続きは以下のリンクを参考にしてください。実際に僕が行った手続きを詳細に載せてあります。

コミュニティーカレッジへの入学手続き方法

到着後

生活必需品 $100-500

当然アメリカに着いた時には寮では支給されないものを買うことになります。

トイレットペーパー、タンス、ストレージ、シャンプー、シーツ、まくらは誰しも必要になります。

私の寮ではレンジ・テレビは共用の部屋に置いてありました。

共用部に冷蔵庫はなく(あっても他の人に食べられてしまうので置いておけないですけどね)多くの人はレンジ・冷蔵庫・テレビを揃えていますね。

私の場合はテレビを見ることはないので買いませんでしたし、冷蔵庫は買わなかったので、たまにルームメイトのを借りています。

レンジもルームメイトの使っているので買ってないです。

年間

授業料 $4,524 (年間)

コミカレの授業料はそれぞれことなり、安い場所で学期ごと(1年に2学期)25万で高い場所では50万かかってきます。コミカレの知名度によって4年制大学への編入が有利になるということはないので、無理に授業料が高い場所に行く必要はありません。(リンク先の記事で解説してありますが https://chutai-ryugaku-report.info/?p=1148&preview=true、HonorsプログラムとPhi Theta Kappaの支部があるかどうかは編入に非常に重要になってくるので、そこは十分気をつけてコミカレを選んでほしいです。)

寮費・食費 $3,000

一週間で17食(土日の朝食はでない)を含んだ寮費です。学期間の長期の休みは含まれていないです。

保険 $350-600

多くの学校が保険会社を指定しています。私の大学では授業料の支払いとともに請求される仕組みです

教科書 $100-300

これは大きくクラスにも変わってくるのですが学期ごとに大体このくらいのお金がかかります。キャンパス内で買うと高くつくのでおすすめはアマゾンで中古の教科書を購入することです。

毎月

娯楽費・食費・生活費 $50

私のお金の使い方は週末に友人と映画に行くということだけでしたので毎週$8とチャイニーズブッフェの$11だけでした。

寮で食費が出るといっても少し小腹が空いた時のために一応食料は置いておきます。笑

あとはシャンプーやトイレットペーパーなどですね。

携帯代 $50

学校のWi-Fiを使うことができるので、アメリカでは携帯会社を契約しないという選択肢もありますが、後々利便性を考えて使うことになるかと思います。

収入

アルバイト

大学でのアルバイトは完全に自分次第です。

成績はある程度を維持していないとキャンパス内で働くことはできないですし、自分で雇ってくれる人を探さなければなりません。

現在私は図書館で働くことができていますし、ブラジルからきたルームメイトは数学のチューターをしています。

ですが留学生は週20時間までしか働くことができないと政府から決められています。

まとめ

最後に私がこの一年間トータルで払った・払うであろう(まだ一学期しか終わっていないので)金額を1ドル100円で計算します。

 

 

出発前 金額 (円)
パスポート5年間 11,000
英検2級受検費 5,000
SEVIS費 24,000
VISA申請料 19,200
出願料 2,400
渡航費 144,000
合計 205,600
到着後
生活必需品 24,000
合計 24,000
年間
授業料(年間$1800奨学金をもらっていた) 452,400 -  180,000 = 272,400
寮費・食費(寮の管理人なので0円) 730,000 - 730,000 = 0
保険 42,000
教科書 48,000
 年間合計  362,400
毎月
娯楽費 6,000
携帯代 5,400
1ヶ月合計 11,400
年間合計 136,800
収入
アルバイト(毎月) 35,000
1学期合計 (4ヶ月) 140,000
年間合計(2学期 = 8ヶ月)*夏の間のアルバイト含まず 280,000

 

合計 金額
出発前 ¥205,600
到着後 ¥24,000
年間の授業料、食費、住居費、教科書代等の合計 ¥362,400
年間の娯楽費、携帯代等の合計 ¥136,800
年間学内バイトの収入(夏の間のアルバイト含まず) ¥280,000
合計金額 ¥448,800

渡航費等の出発前の出費を除くと24万3200円(年間)で支払った計算になります。もちろん、奨学金や寮の管理人になっていたのが格安留学につながったのは一目瞭然です。

実際に僕がもらった奨学金リスト

寮の管理人に関して

他の留学と比べてみるとコミュニティカレッジへの進学が一番コストパフォーマンスがいいですね。

ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ

最初に読むべき記事

Featured Video Play Icon
1

執筆者概要 中田 吉信 日本の大学を中退。その後、自費でコミカレに通い、州内授業料(日本の国公立くらいの授業料)で4年制大学に合格。アイビーリーグレベルの大学にも編入合格。卒業後、Amazon Jap ...

2

序章:基本的な格安正規留学の捉え方 セクション1:基本的な格安留学の考え方 正規アメリカ留学の真相 まず、大まかな格安留学の概要や日本国内での誤った留学に対する情報についてここで解説していきます。*上 ...

3

執筆者概要 古田能農 研究室のコネとトビタテ奨学金で、 実費0円一年アメリカ研究留学。   TOEFL 留学前  69点→106点 資金 50万(準備金。後に奨学金の振り込みにより ...

-アイオワ州, コミカレ
-, , ,

Copyright© Ryugaku Connect , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.